気になる情報

Kommentare

Bitte geben Sie den Code ein
* Pflichtfelder
  • jc (Donnerstag, 26. Mai 2016 18:28)

    サッカー欧州カップでパブリックヴューイング

    欧州カップを数週間後に控え、ドイツチームはすでにフランス入りしてチームの調整を始め、選手権の熱気がじわじわと上がってくる昨今、デュッセルドルフでのパブリックヴューイングの詳細が発表された。

    市内最大のTV画面が設置されるのはアルトシュタット(ライン河畔の旧市街)にある市庁舎前の広場。町の守護者ヤン ヴェレムの騎乗像があるので、観光の目玉となっている場所だ。

    TV画面の広さは30平米というから、正確な縦横の寸法がわからないが、約4.5x6.5mの大きさに相当し、市内最大のTVだという。

    広場には4000人の観客スペースがあり、LED画面でファンの声援と共に熱戦に集中することができる。

    パブリックビューイングの中継放送はドイツチームが登場する6月12日(対ウクライナ)に始まる。この日、午後9時の試合開始前に7時から舞台上からディスクジョッキーのミュージックが流れるという。その後6月16日は対ポーランド戦、6月21日は対北アイルランド戦となる。

    入場料は5ユーロ(インターネットには6.70ユーロと表示される)およびVIP料金60-100ユーロ。

    Tel.0211-247.0000
    http://www.westticket.de/weitere-sport-empfehlungen/

  • jc (Dienstag, 29. Dezember 2015 14:26)

    車の救急箱 Verbandskasten

    乗用車には救急箱を乗せておくことが義務となっている。事故などの際に救急箱を素早く手元で使えることは、ときには生命に関わる重要な要素となる。多くの場合後尾のトランクルームに入っていることが多いが、その床下または荷物の下に埋もれていては、秒を争う事故時には致命的な時間を失うことになろう。

    最近の聞き取り調査では、救急箱の置き場所がどこかすぐに答えることのできた人は12%、中身を少なくとも1年に1回チェックする人は3分の1に過ぎない、という驚くべき結果だったそうだ。

    無菌湿布と包帯には使用期限が記載されており、傷口用絆創膏と簡易包帯の糊は古くなると付着しなくなるので、いざというときのために常に新しくする必要がある。

    もう年末なったが、今年初めから乗用車用の救急箱には新しいドイツ工業規格=DIN=が導入されているので、その番号 13164 の表示のあるものを車に搭載しておこう。

  • jc (Sonntag, 08. November 2015 13:35)

    【住まいの法律】
    アパートの階段部分については、賃貸主は自由にその使い方を決めることができる。たとえば、ドアに花輪などを飾る借り主がいる場合、家主がこれを望まなければ、花輪を取り去らなければならない。

    コメント:
    借り主が自由にできるのは住まいの中だけということであり、特に廊下の中段やドア前の少し広い部分に靴入れ棚などを置くことも許されないところもあります。

  • jc (Freitag, 21. August 2015 21:05)

    残業 - 意外な結果

    ライプツィヒ大学と他の研究機関との共同研究によると、ドイツの会社において、85%の社員が契約の勤務時間を超える残業をに経験しているという。残業時間は平均して週約6時間。さらに、残業する者のうちの84%が、それでもまだ仕事量が足りない、と感じているとの結果が出た。
     

    コメント:ドイツでは勤務時間が終わると一刻も早く帰ってしまうというイメージでしたが、意外や意外!! 最近の競争激しい経済界の兆候でしょうか? これまでのイメージを変えなければなりません。
    みなさんの会社ではどうでしょうか?

  • jc (Donnerstag, 20. August 2015 10:30)

    グルメフェスティヴァル

    明日、8月21日(金)から3日間、第5回グルメフェスティヴァルがデュッセルドルフのヴールヴァー Königsallee
    両側で開かれる。市中の著名シェフたちが参加し、デュッセルドルフの味覚の饗宴が披露される。ブドウ農家のワイン、デリカテッセンのお店、新趣向フード、斬新なミックスドリンクなども170店(約3分の1が在デュッセルドルフ)で楽しめるようだ。余興にディスクジョッキー音楽やクラシックカーも登場、4万5000人の来場が期待されるという。

  • jc (Dienstag, 18. August 2015 13:40)

    デュッセルドルフ市内に新しく25カ所の Wifi ホットスポットが開設された。無料のWifiサービスはすでに Königsalle を中心に2社が提供していたが、今回は有線テレビ網とネット事業を営む Unitymedia が加わった。デュッセルドルフ市は町をアトラクティヴにするための今年のテーマの一つとして「デジタル都市」を掲げ、すでに他都市では行われている市内中心部の広域 Wifi
    サービスを実現するように整備していた。中央駅をはじめ、日本レストランが多く集まる Immermannstraße, Oststraße, Klosterstraße などでネット利用が便利となった。

  • jc (Sonntag, 16. August 2015 18:37)

    職場で ...

    会社のパーティにおけるプレゼント

    会社の記念パーティで参加社員全員に予告なしに iPad がプレゼントされたところ、後日これを聞き及んだパーティ不参加の社員が、社員は平等にあつかわれなければならないとして、iPad を要求する裁判を起こした。判決では、iPad 贈与はパーティをアトラクティヴにし、パーティ参加に感謝する印でもあるので、プレゼントが参加者だけに限られたのは正当である、とした。

  • jc (Samstag, 15. August 2015 15:07)

    緊急時の速度違反は許される

    自身の健康急変、同乗者の緊急事情などがある状況では、秩序違反法 Ordnungswidrichkeistesetz 第16条により、自動車運転の際に例外的に速度違反は許される。
    その状況とは、例えば妊婦に突然お産の兆候が起こったときや、同乗者が心臓発作を起こしたとき、運転者自身が急激な下痢に襲われたときなどがある。

  • jc (Montag, 03. August 2015 13:56)

    6月から不動産会社の仲介手数料が不動産会社に物件の紹介を依頼した者(たいていの場合は賃貸主)の負担になりました。

  • jc (Montag, 03. August 2015 13:53)

    新バーンカード
    これまでの割引カードは1年間有効だが、今月から新しく短期体験カードが導入された。3カ月だけ有効の Prob BahnCard で,25%割引カードが 19/29ユーロ、50%割引カードは 79/159ユーロ(いずれも2等/1等用)。

    90日間有効のヴィザなし観光滞在で威力を発揮するのではないでしょうか。

    新カードには若者向けの My Bahncard も導入された。26歳までが利用でき、69ユーロ(2等に限る)の50%割引(ただし9月30日まで、以降は25%割引の年間カード)。